top of page

ファイルのアップロードとダウンロード

ファイルのアップロードとダウンロードはどのように作成するのか?

解決方法 Pageでアップロード/ダウンロードをする場合は、ウィジェット「FileManger」を利用することで容易に作成することができます。

また、マイクロフローで作成したい場合は、アップロードはアクティビティ「Create object」を利用し、ダウンロードは、アクティビティ「Download file」を使用することで作成することができます。 ※上記のどちらもSystem.FileDocumentを継承した新規エンティティを生成する必要があります。

本サンプルでは、アップロード/ダウンロード共に「FileManger」を利用して作成しています。


1.System.FileDocumentを継承した新規エンティティ「FileManage」を作成する。 ※エンティティ名は任意

2.アップロード・ダウンロードボタンを配置したページ「FileUploadDownload_Overview」を作成する。

※ダウンロードは一覧から選択したものをダウンロードするようにします。

①「Upload」ボタンを配置します。

②Listviewを配置します。

 Entity:FileManage

⓷Listview内にTextBox「Name」(ファイル名)を配置します。

④Listview内FileManageを配置します。

 Type:Download


3.Uploadボタンからファイルアップロードポップアップページを表示する。

・ポップアップページ「FileUpload_Popup」を作成します。

・Dataviewを配置し、Databaseに「FileManage」を指定します。

 ※ウィジェット自動配置のポップアップメッセージで「yes」をクリックします。


※項目「File」のウィジェット(FileManger)のプロパティを開き、Type「Upload」にします。




・FileUploadDownload_OverviewページのUploadボタンにマイクロフローを設定し、マイクロフローを作成します。

  ①Create objectを作成する。

    Entity:FileManage

② Show page

    Page:FileUpload_Popup

Object to pass:NewFileManage



Create object(FileManage)

Show page(FileUpload_Popup)

これで、アップロード機能の作成は完了となります。RunLocallyを実施し確認してみてください。

また、ダウンロード機能は、「FileUploadDownload_Overview」を作成した時に作成済みです。

なお、ページデザインの編集は都度実施してください。


以下は、上記にて作成した手順にレイアウト調整をし、ファイル削除機能を追加した実行例です。



Comments


bottom of page